パース補習授業校|The Weekend Japanese School in Perth

学校概要

2005年4月に開校したパース補習授業校は、2003年にパース補習授業校設立準備委員会が発足し、2年の準備期間を経てネッドランド小学校校舎にてスタートしました。2010年1月から2018年3月までの約8年間は、シティービーチ・カリンダドライブのパース日本人学校校舎を使用し、2018年5月より、現地公立校であるシティービーチ小学校の敷地内に移転した日本人学校校舎で開校するに至っております。

本校の運営につきましては、パース日本人会の学校部会が統括するパース日本人学校運営理事会の下部組織、パース補習授業校運営理事会が担当しており、州には非営利団体として事業登録されています。

運営資金に関しては、生徒から徴収する授業料の他、外務省を通じて日本国政府より支給される教員謝金並びに校舎賃料に対する補助金、保護者ならびに邦人団体による寄付で構成されています。それに加えて、海外子女教育振興財団、ならびに多数法人より図書教材等の寄贈を頂いております。

2018年度の生徒数は約390名、学級数は28学級で、就学年齢前の4歳児から中学校三年生までの長期滞在者並びに永住者の子女を対象に、国語の授業を行っています。日本の小中学校で使用する国語教科書を中心とした指導を行い、スムーズに日本の教育に移行できることを目指している他に、様々な学習活動を通して日本人としての常識、知識、考え方や生活習慣を身に着けることを目標としています。

これ以外にも、課外活動として放課後には体育館にて小学生を対象とした剣道部が活動をしております。現在30名以上の子供が稽古に励んでおり、校長と保護者を含む日本人有段者数名がボランティアで指導を行っています。

PTA活動も盛んで、クラスでのアシスタント、休憩時間の校内見回り当番、補習授業校祭りのイベントのお手伝いなど、保護者が一体となって様々な面で学校運営を支えております。