パース補習授業校|The Weekend Japanese School in Perth

校長からのご挨拶

校長挨拶

オーストラリアは環境の良い住みやすい国として日本人の永住者も多い国です。ここ西オーストラリアのパースでも、年々日本人の人口が増えており、日本人コミュニティも大きくなってきています。その大きなコミュニティの一つがパース補習授業校です。
 
2017年度の総生徒数が約370名の本校では、幼稚部から小中学部、日本語クラスまで、日本に帰国する予定のある長期滞在者と永住者の子弟が同じ学校で学んでおり、子供たちにとっても保護者にとっても、間違いなく大切な役割を果たすコミュニティの一つとなっています。永住者、長期滞在者に関わらず、学校生活を通じて、科目としての国語の勉強の他に、日本の文化や習慣を学ぶ場所であるというだけでなく、日本から来たばかりで慣れない英会話や外国生活に不安な気持ちでいっぱいのご両親やお子さんのための、アイデンティティーを支える精神的なシェルターとしての役割も担っています。
パース補習授業校では、全ての生徒の可能性を伸ばす教育を考えています。本校に通うお子さん達は、たとえ同じ年齢でも、生まれ育った環境も、生活様式を含めた家庭の文化背景も、一人一人違います。ですから、ただ画一的に成績を向上させることを目的とするのではなく、それぞれの発達や成長の度合い、環境の違いを鑑みながら、得意な事や出来ることを増やしたりと、一人一人の子供の力を伸ばしていくお手伝いを、教師一人一人が行っています。また、大きなお祭りの開催なども含めた様々な活動によって、週に一度の学校生活を、より豊かなものにしようと努力しております。
全ての本校生徒を含めたご家族の皆様、そして本校を応援して下さる皆様方との素晴らしいご縁を心から嬉しく思います。皆様にお会い出来るのを楽しみにしております。
パース補習授業校 校長 福本智晴